HOME >> 事件だ段ボール >> 日常的な油断

日常的な油断

多くの所で利用され様々な事に使われいてるダンボールではありますが、そんなダンボールはあまりにも人の生活に馴染んでいて、中身によっては軽く運べたりする事から、怪我などをするという警戒心が薄れていることだとは思います。

生活の中で、仕事上ダンボールなどに入った重い荷物を運ぶのがしょっちゅうあるという人も居る事でしょう、そういった人にとっては、そういう行動が日常的になってしまい、その重さや運ぶ事にたいする行動に油断が出てしまうことが多くなるのではないでしょうか?

いつもの事だから大丈夫、そう思って少し軽く考えすぎては居ないでしょうか。

中身が重いものであったりする、例えば飲料系だったりすると、慣れているといえど時には手を滑らせて落とすこともあるでしょう。

ただ落とすだけであれば、中身に傷が付いたりするだけかもしれません。

ですが中身に傷がつけば商品としてはダメになってしまいますし、それ以上に何かあって、運んだ本人に何かしらの事故が起きてしまうなどという事も考えられます。

何事も日常的にしている事だからこそ「慣れ」という物があると思いますがその慣れゆえの油断というのは、怪我の元にもなりますし、日常的な事だからといって目を背けていると怪我だけではすまない場合もありますので、充分にお気をつけ下さい。


事件だ段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールは事件や脱税問題などで、出てくる場面が多くあります。