HOME >> 事件だ段ボール >> 段ボールで圧死

段ボールで圧死

段ボールに圧死されたなんて事件は時々耳にしますよね! 

一枚一枚なら軽くて丈夫で便利な段ボールですけど、大量となると、それなりの重さになりますし、もし、それらに押しつぶされたら、自分でそれを破壊して自力で脱出なんて絶対にできなくなりますから...

部屋のなかにいくらきっちりと整然に積まれた段ボールであっても、もし大地震がそこを襲ったら...間違いなくそれらは崩れてくるでしょう? 

もしその下に寝ているときにそういう状態になったら、圧死は間違いなく免れないでしょうね。

そうなんです。

段ボールって丈夫ではあるのですけど、通気性は全く無いですから、仮に頭の上に落ちてきて何かの拍子に口と鼻をふさいでしまったら窒息という事態にもなりかねないんですよ。

あ、もちろんこれって人間だけの話ではないんです。ペットの段ボールによる圧死というのもよくあるみたいです。

特に猫は、狭くて暗いところに入るのって大好きじゃないですか? 

段ボールに入った猫ってのは動画サイトや画像サイトでもよく見かけるのですけど、大きな段ボールに入るのでなくて、どうしてのそんなところに入るの?というくらい狭い段ボール。

それこそ自分の体がようやく入れるくらいのものに頭からすっぽり入っていることもありますよね。

そんな感じですから、よくあるケースとして複数の猫、特に体の大きさの違う2匹の猫がギュウギュウになって入っているとき。

先に大きい猫が段ボールに入っている場合はまだ良いのですけど、小さい猫が入っているところに自分より大きい猫が入ってくると、小さい猫は逃げ出すことも出来ず、もちろん大きい猫はそれだけ力がありますからお構いなしに箱の中に入ってくる!

そうなってしまっては小さい猫は逃げ出すことも出来ずに、そのまま潰されてアーメン。

段ボール好きの悲しい猫の性なのかもしれません。

猫って瞬発力はピカイチなんですけど持久力はほとんどありませんから、一度そういう事態になるともうそのままなんですよね。

かわいそうですけど、上手くそういう事件にならないように人間が気を付けなければなりませんね!


事件だ段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールは事件や脱税問題などで、出てくる場面が多くあります。