HOME >> 事件だ段ボール >> 段ボール触りすぎると...

段ボール触りすぎると...

段ボールって、触りすぎると手がカッサカサになったり、ひどい時になるとかぶれてしまったり....大変なことになることがあるんですよね。 

それぞれの人の体質によっても大きく異なるんでしょうけど、体に異変がでるとちょっとした事件ですよ。

原因がまさか段ボールだなんて普通は思わないでしょうからね。

荷物の積み下ろしをしたり、段ボールをごみ出しする時に、箱になっているものを解体して束ねたりすると、どうしても長い間段ボールに触れていることになるわけです。

よくよく考えてみると、手がカッサカサになる原因は、段ボールの吸水性の良さにあるのかもしれないって言っていた人がいました。

 何故って、直接素手で段ボールにふれているわけですから、手脂が段ボールに吸われてしまうのかもしれないって言うことです。

ま、それは原因のとして定かではありませんけど、蕁麻疹が出たり、しかも、体全体...
お腹や、脇、ふとももまで症状が及んでいたとなれば、段ボールを単に触っていたとは考えにくいのが通常です。

そうなると、段ボールアレルギー?と考えてしまいそうですが、アレルギーというよりは、古い汚れた段ボールによってアレルギーを発症する事があるかもしれません。

なぜなら、古い段ボールや汚れた段ボールには、いろんな虫やダニが沢山いることがあって、それが体に就いたという可能性がありますよね。

よく草むらに入ると蕁麻疹になる方がいるのでそれと同じ原理です。

また、もう一つ、アレルギー出会ったとしても、ダンボールアレルギーではなく、ダンボールの原料に原因があるのかもしれません。

木材の種類によってもちがうでしょうし、糊や漂白剤などの薬剤ということがあるかもしれません。 

ですからそうした症状を抑えるためにも、作業の際はなるべく皮膚を露出しないようにすること。

長袖長ズボンで必ず軍手をして作業をすることや、こまめな手洗いも必要でしょう。

お風呂に入る時も、先ずは全身をシャワーで流すと良いですね。

殺菌効果のある少し熱めの温度が良いでしょう。


事件だ段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールは事件や脱税問題などで、出てくる場面が多くあります。