HOME >> 事件だ段ボール >> 段ボールとペット

段ボールとペット

空き地にぽつんと置かれた段ボール、どうも中から何かの鳴き声が...そっとそれを開けてみると子猫や子犬が入っていた・・・最近のペットブームはそれはそれで良いのかもしれません。

家族の単位がだんだんと小さくなってきている事や一人暮らしの人にとってペットは癒しを与えてくれるとても大切な存在なのですからね! 

しかし、それにともなって飼いきれなくなってしまったペットを捨ててしまう。

そんな時に段ボールに入れて捨てるというのは昔からよく言われていたことでもあります。 

なぜ段ボールかっていえば、軽くて持ち運びに便利、そんな理由からなのでしょうけど、意外と段ボールって風を遮断しますので、中が温かいんですよね。

ですから、ペットを段ボールに入れて捨ててしまう人って、心のどこかで「誰か他の人に拾われて幸せになってほしい」という想いがあるのではないでしょうか? 

もちろん、ペットを段ボールに入れる入れないは別としても、捨ててしまうのは大きな事件です。 

絶対にやめましょうね。

さて、段ボールとペットってのは最近大きな関連性があるってご存知ですか? 

インターネットで検索したら、犬猫用の段ボール製の小屋や、キャリングケースってのが販売されているんですね! 

料金も手頃ですし、軽いので移動も楽。段ボールに窓をつけてあったり、二階建てになっている商品もあって、なかなかのアイデアだと思いました。

確かに室内用の檻ってありますけど、なんとなく檻に入れるってペットとの間に距離ができてしまうような気がしてなりません。 

なにせ家族同様、我が子同様なんですからね。

こんな段ボールのお家ならワンちゃんや猫ちゃんも楽しいんではないでしょうか?

それにキャリングケースにしても同様です。

プラスチック製のキャリングケースであればたしかに丈夫だと思います。

ただ、使わないときの保管には意外と場所をとるのではないでしょうか?

段ボールのキャリングケースなら折りたたんで収納できるし、とても軽い!

アイデア商品ですよね!


事件だ段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールは事件や脱税問題などで、出てくる場面が多くあります。