HOME >> 事件だ段ボール >> ヒゲと女性の目線

ヒゲと女性の目線

ヒゲは男性の魅力として映るものかなと思います。

最近の流行は、少しのあごひげと唇の下に少し、あるいは下唇から顎にかけてデザイニングといった感じです。

初心者で一番難しいとされているスタイルは、上唇に生やす場合だそうです。

ありがちなのが、唇の幅に合わせてしまうことになります。

この場合だと口が小さく見えて男性の優しさが現れず、おちょぼ口に見えるにもかかわらず目立ってしまい違和感を覚えてしまうそうです。長さとして適当なのは、唇の際を囲う用に少し下まで伸ばすと良いのです。

ただ伸ばせばいいというものでもなく、普段からの手入れも欠かせません。

もっさりとしたヒゲは女性からみるとうっと惜しい、あるいは食事をする際に食べ物が付着する様子を見るとげんなりということもあります。これでいい場面になったとしても食事が付いていたことを思い出させる可能性もあります。

女性ウケがいい形としては、有るか無いかわからない、違和感がないというもののようです。

顎だけに短いヒゲあるというのも魅力的です。

顎と言っても、丸くいれたり、あごのラインで細く入れるなどスタイルは幾つかあります。

モミアゲとつなげたり、唇の下、あるいは上唇からつなげてデザイニングする方法もあります。

形の中には、小顔に見せてくれる方法もあり、肉付きのラインよりも顔が小さく見えることに意識すると、頬がそげて見えるのですっきりします。肉付きラインで整えていくと、ラインはそのまま残る形になります。なんだか、女性がチークを使って小顔に見せるという方法に似ていますが、女性の場合はどこに視線を持っていくかによって方法が幾つかあります。

例えば、目を綺麗にメイクすればそこに目が行きますし、頬紅を笑って膨らむ場所に入れると可愛らしさが際立ちます。メイクの場合顔のラインは二の次になるのです。

男性が使うヒゲ剃りや、整えるためのアイテムとしては、はさみとコームが一般的で、便利グッズとしてはヒゲトリマーがあります。

男性らしさの象徴としてみられるヒゲでも、女性によっては「不潔」とみなされることもあります。

逆に、男性も日々の髭剃りにうんざりし、脱毛を考える方も少なくありません。

脱毛箇所としては、頬などが多いそうですが、ヒゲを作るスタイルとしてじゃまになる部分を優先する方が多いようです。

昔なら特別な職業やある程度の地位がある人だけの特権だったようなヒゲですが、今ではそこまで厳しい企業も少なくなりました。

特殊な職種といえば、ヒゲを蓄えたマジシャンがダンボール箱などで作られたボックスを扱っている姿を想像しますが、かなり特徴的なスタイルのヒゲでした。目立つことが商売なのでわざとだと思いますが。


事件だ段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールは事件や脱税問題などで、出てくる場面が多くあります。