HOME >> 事件だ段ボール >> 韓流ドラマの魅力

韓流ドラマの魅力

ここ数年、日本では韓流ブームとなっています。

最初のきっかけは映画やドラマだったと思うのですが、登場している俳優や女優に憧れというよりも、昔懐かしいという印象があったのかもしれません。

というのも、映画やドラマで有名になったことでレンタルショップではおばさま方が多く訪れていたという話を聞いたからです。

昔懐かしいというのは独身で娘であった時代の恋心や、ストーリーなどのことで、正直、筆者などは「そんなもん」とか「なぜそこまで熱中するのか?」「韓国まで行って」なんて思っていました。テレビを見ない生活をしていたせいもあります。

ところがです。

2007年か2008年に日本でもヒットした作品を見る機会があり、このドラマに関しては1話から18話まで全て見尽くしたほどです。

つい最近のことですので、インターネットのダウンロードサイトから有料で購入し観てしまったのです(笑。

この話を家族にしたところ、韓国の映画やドラマはとても面白く、先に言った「ちょっと前まではレンタルショップでおばさま方が多かったのよ」という話を聞きました。

筆者が夢中になったのにはいくつかの理由があると思います。

これは言葉などですが、日本語と同じ発音をするものがあるため親しみが湧いたということや、顔は日本人と変わらないのに生活習慣の違いに関心を持ったというものです。

韓国の家庭ではキムチ専用の冷蔵庫があるほどで、常備菜のように常にそれがあるということも知っていましたが、食事を作る場面でもそれが出てきます。日本のように器に凝って食事が提供されるのではなく飯器やチゲ鍋のような器で、というのもドラマや映画を見て知ったといった具合です。

何というのでしょうか?

日本でも所変われば習慣や食べ物が変わり、そこに住むようになってカルチャーショックを受けるということがあります。それに似た感じかもしれません。韓国の方の感情表現の仕方も若干違って見えたりしました。

まだまだ1作品しか見ていませんが、韓国語を教わってみたい、機会があれば他のものも見てみたいという気持ちにさせられたのは事実です。

今は子供たちにもK-POPが人気のようで、新しいグループがどんどん登場し日本のテレビにも多くの方が登場しています。

髪型や背格好が似ていると日本のタレントでも名前が覚えられない中年筆者ですが、彼らも同じく、覚えられない人もいます。と言っても、あのドラマに登場した俳優や、有名な方以外は知らないという感じです(笑。

ダンボール好きな筆者も韓流ドラマに魅了されてしまいましたが、あなたはいくつの作品を見たでしょうか?


事件だ段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールは事件や脱税問題などで、出てくる場面が多くあります。