HOME >> 事件だ段ボール >> 気軽に持ち出し禁止

気軽に持ち出し禁止

引越などで一時的に大量の段ボールが必要になった場合、引越業者に依頼する場合なら、必要なだけ準備してくれます。

ですが、業者に頼まない場合には、自分で準備することが必要になりますので、段ボールを持ち帰らせてくれる店を探すことになります。

最近では、買物をしてくれたお客さんを対象として、折り畳まれた段ボールが保管されている店があり、スーパーなどでは一声かければ快く分けてくれる場合が多いようです。

お店に並べられている商品が入っていた段ボールは、陳列棚に商品を並べると必要がなくなりますので、引き取ってもらうことは大歓迎と考える店ならうまく調達することができるのですが、そのようにうまくはいかないお店もあります。

仕入れ商品が段ボールに入っていた場合でも、商品を地方発送する場合がある小さなお店では、それはまた後で必要になる梱包資材です。

そのようなお店から段ボールを持ち出してしまうと、後でトラブルにつながりかねませんので、持ち帰って良いのかどうかは、きちんと確認することが必要です。


事件だ段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールは事件や脱税問題などで、出てくる場面が多くあります。