HOME >> 事件だ段ボール >> 食いしん坊でも

食いしん坊でも

一時期、食品に異物が混入されているという事件が立て続けに起こったことがありましたが、その中でも特に衝撃的だったのは、食べる目的であるはずがない段ボールが食品に混ざっていたというものでした。

お腹が空いていても、人よりも食欲が旺盛でも、どのような食品でも良いはずがなく、やはり本来食べることができる食品を口にしたいのは当然のはずです。

この衝撃的な事件は、後で作り話であるというオチがついて終わりましたが、この一件で、食に対する安全について深く考えるきっかけになったという人も多かったと思います。

普段は何気なく口に入れている食品がどのような原料で、どのように作られているのか、産地はどこなのかということを、きちんと意識したり、調べたりすることが大切であるということが再認識されるようになりました。

自分の身体を守ることができるのは、自分自身ですので、直接身体に作用することになる食品には常に気を配るべきなのです。


事件だ段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールは事件や脱税問題などで、出てくる場面が多くあります。