HOME >> 事件だ段ボール >> 大切な紙に限って

大切な紙に限って

近年では個人情報の管理体制を問われる傾向があり、たくさんの情報が詰まっている紙や、データが保存されているコンピューターや外付け機器の扱いには注意が必要です。

特に紙は1枚ずつが薄くて軽いものであることから、まとめて段ボール箱に入れられていることが多く、保管はもちろん、最終的な処分が行われるまでその箱に入ったままということになります。

企業の新開発に関する書類や、病院に通う患者のカルテ、ショッピングセンターでのクレジットの決済書など、重要な書類というものは、どのような企業や施設でも存在しています。

このような重要な紙片が入っている段ボールに限って、運搬している途中で荷崩れを起こしてしまったり、箱の蓋が開いてしまったりして、紙が飛ばされてしまうなどといったことがあるのです。

最近では箱に入ったままの状態で、重要書類を溶かして処分するという技術もありますが、そこまで無事に運び込まれるように、荷物の落下や書類の飛散などへの対策を入念に行うことが必要だといえます。


事件だ段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールは事件や脱税問題などで、出てくる場面が多くあります。