HOME >> 事件だ段ボール >> キャンプに大活躍

キャンプに大活躍

キャンプに大活躍

キャンプに持っていきそこで、チーズやソーセージを燻製にするもの段ボールがあればすぐ出来ます。

ステップ1:段ボール箱を調達。

ステップ2:裏側は完全にテープでふさぎます。

表側は観音開きではなくて、片側オープンの構造に変更。

ステップ3:地面に置くところはスカート型とします。

ステップ4:串を段ボールに刺す。

ステップ5:串の上に網を載せる。

燻製に使われるのチップも元々は木から出来ています。

段ボールの原紙や紙の元になるチップも、最初は1本の木です。

たかが1本の木をお思いかもしれませんが、それが、違法性を持っている木ならば・・・。

森林に対する脅威として最も問題にされているのが違法伐採です。

なかでも日本は、世界の森林資源を食いつぶしている、特に「違法伐採」材を多く輸入していると国際社会から指摘されています。

一般的には、その国の法律に反して行われる伐採のことをいいます。

違法伐採で得られた木材の取引や、加工流通や輸出入などにおける違法行為も違法伐採に含まれます。

「盗伐」という範疇では昔からありましたが、近年問題になっているのは、経済のグローバル化で多国籍企業に連なる伐採・製材・輸出業者が当該政府・森林監督官庁と癒着し、不当な伐採許可を取得したり、違法伐採を見過ごさせたり、書類・通関審査に手心を加えさせて、大規模な違法伐採が行われていることです。

合法でも持続的ではない伐採でも法の要件は充たしても、森林の持続的な利用とかけ離れているものもあります。

生態系を撹乱するような大規模伐採、住民の慣習的権利を侵害する伐採など、当該国の法制度の不備・矛盾から問題となるケース、当局との癒着や腐敗により違法行為が不透明に「合法化」されてしまう例も見られます。

「森林開発優先」「外貨獲得優先」の生産国の政策と、業者の「短期的利益優先」「経済性・生産性優先」「環境軽視」「住民軽視」により違法伐採が面的・量的拡大を続けています。

日本での無意識な消費が、生産国の環境破壊や人権侵害に荷担している。

違法材を購入する私たち一人ひとりが問われています。

先住民の土地利用権をめぐる対立、生活環境の悪化をはじめ、富の不公平な分配が貧困拡大につながり紛争や政権不安定をもたらします。

環境コストを無視した低価格で買い付け、土地所有者に伐採料が支払われない、伐採跡地に残された住民の生活手段への配慮がなされないなど、地域住民の生活に大きく影響します。

さらに違法伐採のもたらす影響は、伐採地域の環境破壊に止まらず、今やグローバルな地球環境の問題です。

地球温暖化ガス・吸収機能の減少や、生物多様性の喪失、砂漠化・乾燥化の進行、水質汚染・海洋汚染など、徐々にグローバル的影響を及ぼしつつあります。


事件だ段ボールは情報収集にお役立てください。

段ボールは事件や脱税問題などで、出てくる場面が多くあります。